シニア年齢になると、特に気になるのが目の働き。若い時と同じようにいかないのがもどかしいですね。目の機能の低下は老眼と呼ばれるもの。疲れ目とは少し違うようですが、どのようなものなのでしょうか。

 

老眼とはどのような症状なのか

 

老眼は目のさまざまな機能が年齢とともに劣化していくことで、さまざまな弊害が現れる症状のことです。疲れ目の主な原因のひとつに、毛様体筋のコリというものが挙げられます。

 

毛様体筋は目にとってレンズの役割を果たしている水晶体を両脇から支えている筋肉のこと。この毛様体筋は、伸びたり縮んだりして、水晶体の厚みを変え、ピント調節を行っています。疲れ目の原因はこの毛様体筋の長い緊張状態によって、スムーズに動かなくなってしまいピント調節が上手くいかなくなったことです。

 

老眼の場合も、このピント調節機能が上手く働かず、目にさまざまな不快症状を与えますが、それは筋肉のコリだけではなく、年齢によって目の調節機能が衰えることから起こる症状なのです。毛様体筋がスムーズに動かず水晶体を上手く操れなくなるうえ、水晶体に含まれるタンパク質が硬化し本来の働きをなくしてしまうのです。

 

そんな老眼の代表的な症状はこのようなものが挙げられます。

  1. 近くのものがぼやける
  2. 遠くから近く、近くから遠くに素早く動かすとピントが合わない
  3. 夕方になるとさらに見えにくくなる
  4. 小さな文字が見にくくなった
  5. 部屋が暗いと文字が読み取りにくい

このような症状が現れたら老眼を疑ってみましょう。老眼もその進行を遅らせることも、老眼でも生活しやすい環境を作ることも可能です。早めの行動が快適な毎日を取り戻します。

 

老眼は何歳から始まるのか

 

疲労

 

いわゆる老眼と呼ばれる症状が現れはじめるのは40代の半ば頃だと言われています。ですが中には30代で現れる人、またまだ若いはずの20代で現れる人もいます。そのようなまだ若くして現れる老眼の症状を若年性老眼と呼んでいます。

 

最近この若年性老眼の人が増加傾向にあるのは、もちろんスマートフォンやパソコンの普及によるものが大きいと考えられています。スマホ依存なる若者も多数いると言われる現代、これからもどんどん増えると予想されます。

 

子供のころからパソコンやスマートフォン、テレビから発せられるブルーライトを浴び続けた結果、歪んで見える、ぼやけるなどの症状が現れるのです。ブルーライトは極めて紫外線に近いブルーの可視光線です。紫外線は体にとって悪影響を与える光。そんな紫外線に近いとなれば良い影響を与えないのは分かり切ったことです。

 

ブルーライトは網膜角膜にまで届き、目の細胞を傷つけているのです。その改善のためにはこのような行動が必要となってきます。

  1. スマートフォンやパソコンの画面から最低30cm以上は離して使用する
  2. 就寝前はスマートフォンをなるべく触らない
  3. 長時間の使用を避け、1時間ごとに10分〜15分程度の休憩を取る

 

老眼と遠視の違いとは

 

老眼とよく似た症状だと言われる遠視。遠視とは遠くが良く見え近くが少し見えにくい状態。良く似ている症状だと言われますが、その仕組みは少し違うようです。

 

老眼は老化による目の調節機能の劣化ですが、遠視は網膜の後ろでピントを合わせてしまう屈折異常。遠視はピントを合わせようと目のさまざまな機能がせわしなく動くため、非常に疲れやすい症状だと言われています。自分にきちんと合ったメガネやコンタクトレンズで調整してあげると楽になるでしょう。

 

老眼を改善するためには

 

老眼は目の機能の老化により、さまざまな機能に障害が起きる症状です。老化かは生きているかぎり避けられないものであり、受け入れるべき事案ですが、老眼スピードを遅らせたり、生活しやすいように変化させることはできます。

 

逆に、老眼を放っておくと肩こりめまい吐き気など体の不調が現れるほどストレスを感じる場合もあるため、きちんとしたケアが必要になってきます。

 

運動

 

老眼だと気付いたらどのようなことに気をつけ、どのようなケアを行えば良いのでしょうか。

 

バランスのとれた食生活
ビタミンエースと呼ばれるビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、そして疲れ目に効果的なアントシアニンやルティンなどの栄養成分をきちんと摂る

 

老眼改善トレーニングを行う
目から10cm先に人差し指を立て見つめます。その後遠くを見ます。それを数十回毎日繰り返すことで老眼の進行を抑えることができると言われています。

 

ストレッチで老化防止

  • 目を大きく開けて左右上下に数十回ずつ眼球だけを動かす
  • 目をギュットつぶりパッと開ける
  • 目をつぶったまま左回り右回りとぐるぐると回す

 

老眼専用の目薬を使用する
さまざまな目薬がありますが、老眼専用の目薬を選ぶようにしましょう。老眼に効果的な成分が豊富に含まれています。

 

適度な運動を行う
体の血行を良くするために、適度な運動を行って血流改善を促すようにしましょう。健康促進にも役立ちます。