パソコンやスマートフォンが一人一台の時代に突入し、さまざまな眼病、そして疲れ目が気になる人が増えてきています。疲れ目といえば目の症状だと思われがちですが、実は体全体に影響を及ぼす可能性があるとのこと。疲れ目の症状だと気付かないまま抱え込んでいる人も多そうな隠れ疲れ目とはどのような症状なのでしょうか。

 

隠れ疲れ目ってどんな症状?

 

パソコンやスマートフォンなど、さまざまな機器の普及により、目を長時間酷使する環境が増えてきました。オフィスでもなくてはならない存在になっており、デスクワークが中心の人であれば、仕事中、そして帰宅して自宅でも、一日中パソコンやスマートフォンに触れているという状態であることも少なくありません。

 

そんな環境下において、どうしても目の疲れやさまざまな不快症状を訴える人が増加。当然の変化のように感じます。疲れ目の症状は主に目に関するもの。疲れ目の原因と言えば、レンズの役割を担っている水晶体を支える毛様体筋の衰えによるものが大きいと言われています。

 

毛様体筋は伸びたり縮んだりして、水晶体を厚くしたり薄くしたり変化させながらピントの調節を行っています。毛様体筋がスムーズに伸び縮みを行えることが、疲れ目の症状を改善したり防いだりできるヒントです。

 

疲れ目にはものがぼやけたり、歪んで見えたり、ショボショボ、チカチカ、二重に見えたりするなどの症状が現れます。疲れ目や眼精疲労などの名前を聞くと、目に関係する症状のみだと思われがちですが、実は体全体にさまざまな影響を及ぼしてしまう病気でもあるのです。

 

眼精疲労

 

目に関係する症状のみだと思われる人が多いため、実は気付かないうちに、疲れ目の症状がすでに現れている危険性があります。このような隠れ疲れ目の症状とはどのような症状が挙げられるのでしょうか。なかなか気付かれにくい疲れ目の症状はこのようなものがあります。

  1. 頭がズンと重くなるような頭痛がする
  2. 手足がむくむ
  3. ひどい肩こりや首のコリ
  4. キーンと耳鳴りがして聞こえが悪くなる
  5. 吐き気を催す
  6. フラフラして気持ち悪くなる
  7. 不眠症気味
  8. 何もやる気が起きず倦怠感が襲う
  9. ぐるぐるとまわるような眩暈が起きる

このように、目とは直接的にかかわっておらず、まさか疲れ目が原因とは思えないような症状が多く現れる場合があります。そのため、疲れ目の影響だと気付かない人が多いため注意しなければなりません。

 

疲れ目からくる体への影響の原因とは

 

肩こり

 

疲れ目や眼精疲労の大きな原因のひとつとして、筋肉のコリが挙げられます。目はレンズの役目を担っている水晶体、そしてそれを支えている筋肉、毛様体筋によってスムーズなピント調節を行っています。毛様体筋が緊張したり緩んだりすることで、水晶体自体の厚みを変えることで、目的のものにピントが合うような仕組みになっています。

 

疲れ目のために起こるさまざまな目の不快症状は、この水晶体を支える毛様体筋の劣化によっておこります。毛様体筋が重度のコリを起こしてしまい、スムーズに動かなくなるのです。

 

疲れ目は、目以外にも体のさまざまな部分に影響を及ぼします。その大きな原因は目の不快症状と変わらず、やはりコリによるものであると言えます。疲れ目の大きな原因のひとつは、パソコンやスマートフォンなどの電子機器の長時間使用。目を長い間酷使することによって緊張状態がなかなか戻らないことにありますが、このコリは血流を悪化させます。

 

血流の悪化は肩こり手足のむくみ、ひいては血流悪化が原因で自律神経の乱れなどのさまざまな症状を起こします。自律神経の乱れは眩暈吐き気などの不快症状につながっていくのです。

 

隠れ疲れ目にならないために

 

気付かないうちに疲れ目を悪化させ、体全体に悪影響を及ぼしてしまう隠れ疲れ目にならないためにはどうすれば良いのでしょうか。症状を予防し、悪化させないためにどのようなことに気を付ければ良いのかを考えてみましょう。

 

一番大切なことは、目のコリを重症化、そして常用化させないことです。大切な部分である毛様体筋は、長い間に緊張状態によってコリを起こします。そのため、緊張状態のまま固まってしまう前に、頑固なコリになる前にほぐすことが重要です。

 

頑固なコリになる前に、同じ姿勢のまま近距離でのパソコン操作、スマートフォン操作を控えるようにしましょう。1時間ごとに10分から15分の休憩を取ることが理想です。また、疲れたなと思ったらホットタオルを目と首にあて、血行が良くなるようにすると快適です。

 

ホットタオルはタオルを濡らし硬く絞ったら、そのままラップに包み、レンジで1分ほどチンするとちょうど良い熱さになります。そして食生活も大切。バランス良い食事を摂ることを心掛けるのはもちろんですが、目に良いとされるアントシアニンが豊富な食材を摂ることもおすすめ。アントシアニンはブルーベリーやビルベリーなどのベリー系の食物に多く含まれています。